menu
閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 郵便局で記念硬貨の現金化を考えていますが、やり方や換金率について教えて…
    2. 現金化をやってみて後悔した事ってありますか?
    3. 携帯決済を現金化するために出来ることは何ですか?
    4. クレジットカード現金化業者を使うとなぜ換金率が80%程度となるのでしょ…
    閉じる

    窮地に陥る前にクレジットカード現金化!

    クレジットカード現金化業者を使うとなぜ換金率が80%程度となるのでしょうか?

    『RATE』

    現金化業者の手数料内訳を知れば優良現金化業者の選び方が分かる

    クレジットカード現金化業者のホームページでは、換金率が90%を超える表記であっても、実際に問い合わせると手数料を理由として換金率が80%となってしまいがちです。

    なぜ換金率が80%となるのか、理由を知っていれば逆に換金率90%以上は難しいと理解できるはずです。

    現金化を行う際には各種手数料が必要になる

    クレジットカード現金化を行うためには、現金化業者から商品を購入して、購入した商品を即座に買い取ってもらうか商品購入特典としてキャッシュバックを受ける方法で換金します。

    どちらの方法であっても、商品購入時にクレジットカード決済を行う点に違いはありません。しかし、手数料については詳細が語られないために誤解を招きやすいわけです。

    実際に現金化を行うまでの段階で必要となる手数料は次の3点です。

    消費税が8%かかる

    クレジットカード現金化を行う時には、必ず商品をクレジットカード決済で購入するので、消費税を8%負担することになります。

    消費税はあくまでも税金ですから、現金化業者の手元には入らないので、現金化する際の原資からは除かれることになるわけです。

    カード会社が決済手数料を徴収している

    クレジットカード会社は、カード加盟店に対して決済手数料を3%~8%程度徴収しているので、手持ちのクレジットカードごとに現金化率が変わる原因となっています。

    現金化業者の手元に渡るお金が少なくなる以上は、換金率に影響が出ても自然なことです。

    現金化業者の人件費と利益

    現金化業者は営利目的で営業しているので、数%程度の人件費と利益を上乗せする必要があります。現金化業者の中には、問い合わせれば細かい内訳を提示してもらえる所があるので、気になる場合には確認してみると良いでしょう。

    換金率95%はあり得ないと知っておく

    現金化業者を利用する時点で、少なくとも消費税の8%とカード決済手数料の3~8%は控除されることになり、現金化業者の利益と経費分数%を計算に入れれば、手数料合計が15%~20%程度となっても不思議ではありません。

    現金化業者の公式サイトで換金率95%という表記自体がそもそもあり得ないと知っていれば、換金率80%程度の現金化業者であっても、暴利を得ているわけでは無いと分かります。

    複数のクレジットカードを持っているならば、カードブランドごとの換金率を問い合わせることで、ある程度カード会社側の決済手数料が高いカードを把握出来ます。

    関連記事

    1. お金で後悔をしている女性

      現金化をやってみて後悔した事ってありますか?

    2. スマホを操作する男性

      携帯決済を現金化するために出来ることは何ですか?

    3. 『POST OFFICE』

      郵便局で記念硬貨の現金化を考えていますが、やり方や換金率について…

    ピックアップ記事

    1. 『RATE』
    2. スマホを操作する男性
    3. 『POST OFFICE』
    4. お金で後悔をしている女性

    カテゴリー

    アーカイブ

    ページ上部へ戻る